生保レディ試してみるのもいいと思うよ!理由5つを解説

ハローワークの帰り道に生保レディに誘われたんだけど…

保険会社は福利厚生や待遇がいいって本当なのかな?

契約取れなくても大丈夫だって…

ノルマを果たさないと居心地が悪くなったりしないのかな。

給与保障が2年間あるならやってみるのもあり?

こんな悩みについて解説していきます。

この記事でわかることは下記のとおりです。

  • 生保レディとりあえずやってもいい理由
  • お試しでも覚悟が必要なこと
  • 生保レディやって良かったこともある

私は、生保レディを約5年間やっていました。(体調不良で2021.6月に退社)

生保レディを始めた理由は、職場に来ていた生保レディに誘われたからです。

生保レディの前は契約社員で、お給料も安いし待遇もよくないので契約更新するか悩んでました。

その時に生保レディの方に、「今、募集しているから来ない?」と言われ何も考えずにとりあえず入社しました。

今考えると、常時募集していたんですよね。

※生保レディのお仕事も紹介しています。生保レディのお仕事やお給料を解説【誘われている人必見】

生保レディに誘われるケース

生保レディはハローワークや転職サイトでは募集していません。

会社のホームページでは募集していますが、主に生保レディがいろいろな場所で勧誘しています。

勧誘する場所は様々で、以下のようなケースがあります。

ハローワークの帰り道

私もよくハローワークの外で、スーツ姿の2人組を見かけます。

私の同期の一人は生保レディを始めたきっかけが、ハローワークの帰りに誘われたからと言ってました。

学校のママ友から誘われる

生保レディーは30代~40代の方が多いので、イベントと称して事務所にママ友が何人も来ていました。

上司の手前ほとんどがサクラですが、時々入社している人もいました。

ママ友は次のママ友につながるから、上司は喜びますよね。

家に出入りしている生保レディから誘われる

年配の生保レディの人は、長く契約しているお客様の娘さんを誘っていました。

個人情報は知っているし、今どんな仕事をしているのか調査済みですから。

フリーターやレジの仕事よりお給料がいい!という文言で声掛けしています。

高校の同級生から誘われる

20代の若い人は、高校の同級生から誘われて入社した人が多いです。

いざ辞めたくても同級生だと言い出せないと悩んでいる人もいました。

職域に来ている生保レディに誘われる

私のように契約社員や派遣社員は、会社の都合で契約を更新してもらえない場合がありますよね。

そこを巧みに生保レディは聞き出してきます。

アンケートお願いしますと言って、名前・生年月日はもちろん、正社員か非正規労働者か情報を得ています。

私もそれで生保レディ始めたんですが。

生保レディ試してもいい理由5つ

福利厚生がいいと割り切って、期間を決めて試してみるのもありです。

待遇と福利厚生がいい

私が勤めていた会社の場合です。

  • 土日に出勤した場合、平日に振替休日を取れます。
  • 有給休暇は入社初年度から20日つきます。
  • 産休育休が取れます。
  • 勤続10年以降にリフレッシュ休暇を摂ることができる。
  • 療養休暇制度がある。勤続年数によって最長2年まで取得できる。
  • 厚生年金制度
  • 退職金制度(勤続3年以上)
  • 健康保険制度(30,000円を超える自己負担分が還付される)
  • 雇用保険制度
  • 労災保険制度

出典:第一生命ホームページ

子供が小さい人には理解がある会社

保育所に預ける場合は保育所代の30%を支給があります。

子供が熱を出した時も休めるし、学校から連絡があればすぐに迎えにも行けるんです。

学校行事で有休を使う場合文句を言われません。

給与保障が2年間ある

研修終了後、正社員になって2年間は給与保障されていました。

成績悪くても給料は変わりません。

契約が全然取れないと居心地が悪い上に、上司から目をつけられますけど。

入社したばかりはノルマがゆるい

入社して2年間は安い医療保険でも、年金保険でも1件は1件です。

それを毎月2件取ればOKです。

嫌なら辞めればいいから

結局のところ、保険契約が取れなかったり、契約内容が小さい契約だったりだと3年目の給料はほとんどありません。

3年目になる前に辞めていく人がほとんどです。

給料が半分になってから辞めると、雇用保険の給付手当が下がるのでその前に退職することをおすすめします。

この先は全く見込みがないな…と思ったら辞めてしまう方がいいでしょう。

お試しでも覚悟は必要

お給料をもらっている以上は仕事はしなくてはいけない。

お試しでも2年間は真剣に仕事をする。

お給料をもらっているから、やることはやる。

もしかしたら向いているかもしれないので頑張ってみてはどうでしょう。

頑張るとお給料が増える仕事なので、やりがいはあると思います。

また、一生懸命頑張っていると、職場の先輩達が頑張りを認めてくれるのでうれしいです。

友人知人に声をかけない方がいい

とりあえずお試しの場合は、友人知人には保険を勧めるのはやめましょう。

自分が売っている商品に自信がなかったり、ノルマ達成のための声掛けだったりだと友人知人に失礼です。

私は保険の仕事を始めた当初は、誰にも仕事内容を言ってませんでした。

自分に自信がついたら話してみるのをおすすめします。

家族の契約は入れない

契約が本当に取れない時に家族の契約を入れて、一時は楽になるかもしれません。

保険料を払うのは自分もしくは家族や親族です。

ノルマのために無駄なお金は使わないでください。

長く続いている先輩たちは、ほとんど10件近く自分の家族を加入しています。

感覚がマヒしてくるのだそうです。

お金がかかる

営業活動の交通費・営業で配るノベルティグッズ・訪問先への手土産・郵便物・文房具・カレンダーなどです。

正社員といっても個人事業主なのですべて自腹です。

確定申告で戻るとはいえ、ノベルティグッズを買いすぎて手取りが数万円という人もいました。

生保レディは言葉使いが悪い人が多い

私が感じたことは、長くやっている生保レディは元ヤンキーの人が多いです。

なので、上司でも「おい、こら、ふざけるんじゃないよ」的な言葉を使う人がいます。

見た目も茶髪でミニスカートの人が多いです。

入社当初はびっくりしましたね。

生保レディをやっていてよかったこと

生保レディは悪いことばかり言われますが、うれしいことも時々あります。

事務仕事と違って健康になる

ご存じの通り営業の仕事は外回りがすべてです。

車を使わないと回れない地域もありますが、ほとんどの人が電車と歩きで活動します。

1日外回りをすると1万歩以上は歩くし、よくしゃべるので健康的な仕事です。。

仕事で達成感を感じることができる

保険の契約ノルマは毎月2件って簡単じゃないの?って感じるかもしれませんがなかなか契約はもらえません。

何カ月も前に提案して何度も断られたのに、半年後に契約するよ!といわれると本当にうれしかった。

頑張った甲斐があったと自己満足していました。

営業スキルはつくので転職がしやすい 

老若男女、いろいろな人と会話できるようになります。

はじめは怒っていた人も何度か話すうちに優しくなったりして。

人の話をよく聞けるようになったり、物おじしなくなったりします。

転職する時に、他業種の営業にも挑戦できます。

まとめ

結論的には生保レディっておすすめはしません。

でも本当に稼ぐ自信があるとか興味がある人には、お試しでやってみるのもありだと思います。

入社しても8割の人が辞めていくのでとりあえずどうでしょう。

この記事があなたの参考になるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA