50代女性が充実した一人暮らしを送るポイントを紹介

一人暮らしの生活費っていくらかかるのかしら

老後の貯金もしないといけないし…

50代で一人暮らしは寂しいだろうな

家も探さないといけない

できれば一人の生活を楽しみたいけど大丈夫かな

私は50代後半のシングルマザーで子供が独立したばかりです。

一人暮らしは本当に不安なことしかありませんでした。

しかし、寂しいと言ってばかりもいられません。

知人にも一人暮らしをしているシングルマザーが何人かいます。

その中の一人は、今年の目標は婚活をしてパートナーを見つけると言ってました。

今の50代女性は昔と比べて若くて活動的なので、一人暮らしを楽しんでいるようです。

この記事でわかることは下記のとおりです。

50代女性の一人暮らしにかかる費用はどのくらい?

シングルマザーだった人が、子供の独立の時期を迎え一人暮らしを始めたり、

50代になって離婚をして、一人暮らしを始めたりする人などの女性が増えています。

正社員で経済的に心配がない人はいいですが、

50代は派遣社員やパートで仕事をしていることが多いですよね。

収入も十分とは言えません。

一か月で必要な費用は

私の生活費は家賃・光熱費・食費・通信費・貯金などで約14万円くらいです。

月によって変わってきます。

やはり一人暮らしをするなら15万円は必要だと思います。

生活費の内訳

住居費                                       40,000円

食費(酒代含む)                  30,000円

電気・ガス・水道                10,000円

通信費(スマホ・家のWIFI)            6,000円

雑費                        5,000円

交際費                       5,000円

保険                        7,000円

医療費                          2,000円

その他(美容院・洋服など  )         15,000円

貯金                    20,000円

合計                                            140,000円

 

家賃は安いところに引っ越す

住んでいる地域にもよりますが、家賃は5万円以内に抑えましょう。

民間のアパートは高いので、駅から少し距離があるけど団地がおすすめです。

水道・光熱費を節約

電気代は狭い部屋なら何か所も電気をつける必要はないのでそれほどかかりません。

水道代も食器の洗い物や洗濯の仕方で減らせます。

なるべく自炊をして食費を抑える

食費は一番削りやすいですね。

一人暮らしだと品数や量も少なくすみます。

自炊をすれば工夫次第で節約ができ、体にも優しい物が食べられますね。

保険を見直す

保険は必ず見直しましょう。

意外と昔のままという人が多いです。

医療保険はネットの保険でもいいのがあります。

介護保険など自分のための保険がおすすめです。

入院したときは日額いくらなのか確認しておきましょう。

通信費を見直す

私はスマホを格安SIMに変更しました。

以前払っていた料金の半分くらいになりました。

50代の一人暮らしの部屋の選び方

一人で暮らすには寂しくなくて、節約しやすい間取りを選ぶことをおすすめします。

間取り1R

家賃が安いので、固定費を抑えられます。

家賃を節約して少しでも老後の貯金に回しましょう。

また部屋数が多いと寂しさを感じてしまいます。

間取り1K

一人暮らしでも自炊する人におすすめします。

キッチンスペースが分けられているので、ゆとりがある生活を送れます。

間取り1DK

寝室と生活空間を分けたい人におすすめです。

朝はきちんと起き寝室から出て活動をする。

生活にメリハリがつきます。

間取り1LDK

リビングが絶対に必要な人以外はおすすめできません。

50代の一人暮らしだと空間を持て余してしまい寂しく感じます。

間取り2DK・2LDK

在宅のお仕事をしている人や、友人を家に呼びたいという人以外は部屋を持て余してしまうでしょう。

部屋数が多いと余計に寂しく感じてしまうかもしれません。

充実した一人暮らしをするポイント5つ

  • 老後を見据えて貯金をする
  • 健康に気をつける
  • 万が一に備える
  • 人とのつながりを大事にする
  • 楽しみをもつ

一つずつ解説していきます。

老後を見据えて貯金をする

はじめから独身の人は、老後をかんがえて貯金をしているでしょう。

しかし、50代で離婚をして一人暮らしを始める場合、

老後を見据えてを少しずつでも貯金を始めることが大事です。

焦って貯金を増やすために、株式やFXに手を出してはいけません。

健康に気を付ける

50代になると体や精神面で不調が出てきます。

一人暮らしだからと言って外食ばかりではいけません。

栄養バランスに気を付けて自炊を心がけましょう。

また、健康のためウォーキングなどの軽い運動も必要です。

私はめんどくさがりなので、毎日朝夜のラジオ体操で運動不足解消していますよ。

家の中でできるし、結構な運動になるのでとてもおすすめです。

コツコツやってきたので、お腹のポッコリがなくなってきた感じ!

万が一に備える

体調不良で通院や入院といった万が一に備えておきます。

自分の加入している保険の内容を再確認が大事です。

人とのつながりを大切にする

友人や親族のつながりを大切にする。

また、地域のイベントに参加したり、近所の方と交流したりして人間関係を作っておきます。

防犯面や自分に何かあったときに助けてもらえます。

楽しみをもつ

50代の一人暮らしは、自分の自由な時間がたくさんあります。

趣味をもったり、旅行をしたり自分の時間を楽しむことをおすすめします。

将来を考えて資格を取得するのもいいでしょう。

資格試験がある勉強だとやる気になります。

50代女性の一人暮らしが寂しい時の解消法

  • 趣味を見つける
  • SNSを始める
  • ペットを飼う
  • パートナーを見つける
  • 近所のコミュニティを利用して友達を作る

これらのことを積極的に取り入れて寂しさを解消していきましょう。

まとめ

女性が一人で生活していくのは大変ですが、自由な時間がたくさんあります。

その時間を趣味や勉強に活用し、先の人生を見据えて50代を楽しむことが大切です。

この記事を書いている私自身も不安な毎日を送っています。

同じような悩みを持っている人は多くいるので頑張りましょう。

この記事があなたの参考になればうれしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA